« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月 1日 (水)

チャンスはあと3回?

高速道路の上限1000円が6月19日深夜で終わっちゃいます。

週末は3回あるけど、梅雨真っ只中。rain

今年の梅雨は雨量が半端じゃないので天気図とにらめっこして晴れ間を狙うしかないですね。sun

3回のチャンスのうち1回はロングを狙います。

1000km超え必至。dashdash

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

ラストチャンス、ゲット? 

ラストチャンス、ゲット? 

今、4時半。
ひるがの高原SAにて休憩中。
気温15℃、霧少々、途中名古屋辺りで本降り。
トンネル一つ抜けると霧雨程度。
寒い。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月26日 (日)

絶景・快走 有峰林道~?

6月18日、意を決してツーリングに行ってきました。ソロでロングで・・・
dollar上限1000円高速割引の最後の恩恵に預かろうと、出来る限り遠くへ・・・dash
目的地は、飛騨方面から有峰林道経由で立山、富山へ抜けるコース。

Map_0618_2
実走行ログ。マークは、撮影場所です。

前日の天気予報は大阪、飛騨、北陸共に30%前後。
しかも天気図では前線が南下し日本海側に高気圧が張り出している。

「行くしかないでしょう。」angry

8時に帰宅後、タイヤのエアーチェックを済ませチョイ寝。
night夜中の12時に起床。clock身支度、給油を済ませ1時の出発です。

今回、自分に課したミッションは3つ。

1.安房峠から朝日に輝く穂高を撮る
2.新穂高ロープウェー展望台からの槍ヶ岳を撮る
3.有峰林道走破

ですが・・・despair どうなる。

night京都南ICから名神に乗り、一路高山を目指します。dash

気温は23℃、スリーシーズンのジャケットとレザーパンツ・・・
「標高の高い目的地は寒いかな?インナー、持って来れば良かったな。」
と少し後悔する。

交通量は、予想よりも少ない。
ましてバイクなど1台も走ってません。

「なんで?」
訳は後で身に浸みて判る事になろうとは・・・

Img_2141_r 02:10 多賀SA
トイレ休憩のみ。バイクが2台います。
なんかホッとします。
山口ナンバーのドカティーも・・・何処へ行くのでしょう。強者ですね。

4000rpm辺りで流してると「今、CBは最高潮じゃないか?」と思えるほどスムースに距離を稼いでくれる。
オイル交換が少し遅れ気味だが、快調そのものです。

今日はおそらく900km超えは覚悟なんで、出来るだけ上半身を力まない走りに徹します。ハンドルもアクセルを保持するだけでなるたけ握らないように・・・握らないように。

コーナリングもハンドルに力を入れずに体重移動だけで曲がります。
これは昨年の信州ロングツーで会得したテクニックです。(大げさですがwink

rain突然の雨rain

ブログの文章やライディングの事なんかを考えながら一宮JCTを通過し、東海北陸道に入った頃・・・・・シールドがなんか湿っぽい。

雨です。しかも突然ドバーっと来ました。
思ってもいなかったので、かなりショック。wobblysad

伏せの姿勢でしのぎながらしばらく走行し、トンネルに飛び込み抜けると降ってません。
このときは、トンネルの多い東海北陸道がありがたく思えました。

その後もトンネル毎に変わる天候の中を走行。

SAに飛び込みトイレ休憩とアメダスレーダーを確認します。

青天の霹靂とはこのことでしょう。
レーダーの状況が昨晩とガラッと変わってます。typhoonrainsad

北陸、東海方面の雲がビッシリ、しかも真っ赤です。
「なんでーup」 と語尾は上がるがテンションがた落ち。sad

Img_2143_r_3 03:25 長良川SA
とにかく飛騨エリアにはまだ雨雲はなさそうだし、行けるところまで行くことに。

気温は、トンネルを抜けるごとに下がり続けいつの間にか15℃・・・寒いです。

Img_2144_r  04:15 ひるがの高原SA到着

高山から先は早朝でもあるし、早めの給油と血糖値を上げるため軽い朝食です。 deliciousgasstation

トイレに流れるアナウンスで、高山方面は飛騨清見ICで降りるよう何度も念を押され
「清見、清見・・・」と唱えながら走ります。

Img_2146_r  05:20 道の駅ななもり清見前を左折

R158を東へ。
高山市内を抜けると車も信号も少なくペースが上がるのを我慢しつつゆったりとしたワインディングを楽しみます。

Img_2148_r 06:05 安房峠新旧の分岐点
右は安房トンネル。安房峠へは直進、平湯温泉街で右折します。

Img_2149_r 06:15 旧道安房峠へ向かうR158

Img_2150_r 交通量はゼロ。この時間帯だと当然でしょうか?

1.5~2車線の路面は長雨のせいか落ち葉なともなく走りやすい。
コーナーを曲がると道路の真ん中でくつろいでいた山鳩が飛び立つ。

と、つづいて野ウサギがCBに驚いて進行方向へ走り出し、競争に・・・
もちろん勝ちは譲りましたが。

すると今度は3匹のニホンザルの親子です。
逃げるそぶりを見せた後、ガードレール脇からこちらを見てました。

だんだんサイズが大きくなる動物に、こんどは「・・熊・・」
とビビリながら走っていると・・・dash

Img_2153_r 06:20 峠の茶屋到着です。

cloud安房峠から穂高連峰を望む。
左が奥穂、右が前穂、明神岳でしょうか?

Img_2156_r  Img_2152_r

Img_2158_r  Img_2163_r

cloud朝日を受けてピンク色に輝くはずでしたが、あいにく深く垂れ込めた雲が邪魔してます。
ザンネン。
ミッション#1・・・クリアならずです。

この調子なら次も期待薄ですが、戻るわけにも行かず。
前進あるのみです。angry

dash来た道を戻り、平湯温泉へ出たところで右折。spa

少しsunが顔を出して、期待させます。up

Img_2164_r  Img_2166_r

笠が岳方向

Img_2167_r 07:10 新穂高温泉到着

Img_2169_r 07:15 アルプス橋にて

Img_2173_r  Img_2177_r  

Img_2181_r  Img_2185_r

ロープウェイは新穂高温泉発着の第一としらかば平発着の第二とがありますが、バイク用の駐車場がはっきりしません。

新穂高としらかば平らとを行ったり来たり・・・sweat01dash

いったん新穂高駐車場(オートゲート)に入って看板をよく見ると、バイクは川を渡った場所へ止めるよう書かれてます。・・が駅からかなり下った場所。

ゲート脇をギリギリですり抜け、しらかば平へ・・・sweat01dash

Img_2188_r  Img_2187_r  07:30

30分前くらいに係りの人が車で来て、ゲートを開けてくれます。

Img_2194_r Img_2195_r

第二ロープウェイしらかば平駅前にて・・・
季節感狂います。

Img_2198_r Img_2201_r

始発の8時半までに窓口で往復切符購入です。大人往復¥2700
この時、駐車場の申告をするシステム。
バイクと告げると¥300でした。

JAF会員証提示で乗車券は10%オフになりました。

Img_2204_r Img_2202_r

料金が高いか安いかは天候次第。でしょうか?

 Img_2209_r Img_2218_r

登山者も何人かいます。西穂山荘泊まり1泊2日の装備ですね。
バイクウェアは1人だけ、あとはツアー客のおばさんたちです。
にぎやか。  ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

Img_2213_r  Img_2217_r

Img_2216_r  09:00頃
ガスで真っ白・・・cloudcloud

西穂登山口に到着。展望は・・・?
薄日が差してますが麓部分しか望めません。

一面、真っ白。
稜線の見えない山はどれがどの山かわかりません。

槍ヶ岳ゲット、ならず。sad

Img_2214_r  レストランも有りますが・・・

また、ボ○カレー遭遇は避けたいんで、我慢しましょう。

ガスが晴れる気配も無く、雨が降り出す前に先を進みたいんので、戻ることに。

しらかば平を後にして5分ほどで・・・来ました・・・雨ですrain

早めにレインコートを着込みR471を西へ

トンネルを抜けると雨は降ってません。そして・・・

Img_2220_r  10:00 道の駅奥飛騨温泉郷上宝

先着の名古屋から来たという隼ライダーさんと言葉を交わす。

高山から道の駅スタンプを集めながらのツーとの事。
雨にはまだあってないとの情報。

レインコートを脱いで先を急ぐことに。一応スタンプはゲットです。

Img_2221_r

Img_2231_r  Img_2224_r  10:40

道の駅宙ドーム・神岡(スカイドームと読みます)
変わった名前でなーと思ってウロウロしていると。

Img_2225_r  Img_2226_r
宇宙飛行士 毛利さんに縁があるようです。

Img_2227_r  Img_2228_r

Img_2229_r  Img_2230_r

この時点で有峰林道をあきらめ、富山へ直行し雨がひどくなる前に帰ろうと思ってました。

が・・・こんなものを見つけて・・・

Img_2235_r  Img_2234_r

美味しいのは判ってるので、買っちゃいました。

Img_2238_r  Img_2236_r

「とんちゃん丼」と「飛騨牛串カツ」・・・味は言うまでも無いでしょう。deliciousdelicious

こんな物までImg_2240_r 珍しくないですか?

お腹がいっぱいになると気分的に余裕が出てきます。
時間もまだ11時・・・

空を見上げると、心なしか明るく見えてくるから不思議です。
富山までの距離は国道でも林道でもそんなに変わらないし・・・

雨、展望無しを覚悟で最期のミッション「有峰林道走破」、続行することに決定。

とても、とても長くなってしまったので後は後半へ・・・

有峰林道・・・素晴らしいです。(引張ってごめんなさい)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »