« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月 3日 (火)

茶臼山ツーリング

4月30日土曜日
連休始めの週末、久しぶりの長距離ツーリングです。

目的地は愛知県の最高峰茶臼山高原。
5月には「芝桜祭り」で混雑が予想されるので、その前に雰囲気を楽しもうと・・・

5時起床、6時出発。
標高の高い下道と高速道路の走行に備えジャケットにインナーを装着して寒さ対策。
グローブは迷った末にメッシュレザーにサマーインナーをプラス。

Img_1790_r  Img_1791_r_2
7:00 いつもの様に土山SAで朝食、きしめん500円也。

Img_1792_r
8:15 帰省で先を急ぐ車を横目にのんびり巡航モード、刈谷SAでトイレ休憩。

8:40 伊勢湾岸道 豊田松平ICで高速を降りるともう山岳路の雰囲気、名古屋からこんな身近に自然を楽しめるとは 羨ましい。

Img_1793_r  Img_1795_r
9:00 バイパスから右に折れて季節外れの香嵐渓でバイクに跨ったままショット。
紅葉時には大変な混雑を予感させる景観だ。

R153バイパスに戻りしばらく走ると、右手に大きな鶏が・・・「花の木」?
「聞いた事あるような・・はて? 大阪にもあった?」
(翌日某ブロガーさんのお気に入りと判明。事前調査不足を反省です。)

Img_1797_r  Img_1798_r
9:30 道の駅どんぐりの里いなぶ
日頃からバイクが多いのでしょう、たっぷりの二輪用駐車場が確保されています。

Img_1801_r Img_1803_r Img_1804_r
「栗どら」で下がった血糖値を補充します。
けっこうお腹膨れました。

この時間でもスタンプが用意されていたので久々集めながらのソロツー決定です。

道の駅を出て右折しR257を南下、三十分ほどで道の駅アグリステーションなぐら着
Img_1806_r
駐車場前の信号を左折で茶臼山高原道路のスタートです。

所どころコンクリートの表面が削られ砂利が浮き出ている場所があるものの、片側一車線の広めの良好な路面で走りやすい。

この日は曇り空で黄砂の影響で景色は最悪、走りに専念できます。
しかしほとんど黄色のセンターライン、はみ出しての追い越しは出来ない。
パトカーも巡回していて注意が必要です。

Img_1807_r   Img_1811_r
10:30 道の駅つぐ高原グリーンパーク着
駐車場、ガラガラです。(よほど時期が悪いのか?)

Img_1812_r  Img_1816_r
茶臼山高原着です。
スキー場には鯉のぼりと残雪と・・・

Img_1815_r リフト乗り場には張り紙が・・・
芝桜の見ごろは5月末とのこと

Img_1818_r
こんなのをイメージしてたのに残念です。orz

Img_1819_r  Img_1820_r
季節限定のアイスとトイレを済ませて退散します。

南アルプスも芝桜もなし・・・でも
Img_1821_r  Img_1823_r
意地悪なコーナーも無い快走路を下ると

Img_1826_r  Img_1832_r
のどかな田園脇の桜を楽しめました。

Img_1834_r  Img_1836_r
Img_1838_r  Img_1840_r

Img_1843_r  Img_1847_r
道の駅信州新野千石平にて弁慶とのツーショット。

Img_1851_r  Img_1853_r

Img_1856_r  Img_1857_r
12:30 道の駅信州平谷です。
駐車場は車とバイクで満車状態です。
食事処も満杯・・・

仕方なく、道路を隔てた向かいの食堂へ

Img_1864_r  Img_1863_r
Img_1859_r  Img_1862_r
普通にエビフライ豚カツ定食・・・信州まで来て。。。(ノ_-。)

と突然の雨、それもかなりしっかりと・・・
大阪では雨の予報は無かったはずでは?

更にR153を北上し最後の駅に・・・

Img_1867_r  Img_1865_r
14:00 道の駅信濃路下条です。
ここでたっぷりとお土産を買い込み帰宅モードにスイッチON。

Img_1868_r
いつの間にか長野県に突入してました。

しっかりレインコートを着込んで園原ICから一路大阪へ。

途中お決まりの場所で渋滞に会いながらも19時前に無事帰宅。
ノントラブルのロングツーリングでした。

走行距離 573.7km
ガス消費 29.92L
燃費    19.2km/L

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

XR-1100 インプレと調整

XR-1100購入以来、街乗り、ワインディング、高速と一通り走り込んだので一応インプレッション。

Img_1924_r  Img_1925_r
特徴的な異形の外観は好みが分かれるでしょうね。
後ろ見ると仮面ライダーのようなシルエットです。

この形状からも判るのは空力をかなり意識して設計されているということ。

被って最初の印象は、視界が思った以上に広い。
ピンロックシートのシール部が全く気にならない。

ホールド感はチーク部が若干キツ目では有るが、フルフェイスなら当然でむしろ包まれる感じで安心感がある。

走り出すと噂どおりの静けさに脱帽である。(脱いだらアカンやろ!!)
特に首周りを流れる空気が良く整流されている。

Img_1922_r  Img_1923_r
標準装備のチンカーテン(左写真)とテールフィンの効果でしょう。
首筋を巻き込む風は皆無といえる。

車線変更時など頭を横に向けた瞬間、テールフィンに当たる風音が整流効果の反面意外に大きい。
速度によっては 「ドンッ」 という音に何かにぶつかったと勘違いしたほど。
慣れれば問題ないが。

高速での安定も申し分無し。
08’CB1300SBで可能な全速度域で振られない。
シールドが鼻を押してくることも無く、風を切っているのを実感する。

ベンチレーションを開けると、ピューピューという音が気になる。
部分的に冷たくなることも無いが、全閉時が静かなので直ぐに閉じてしまう。

帽体の下部は全周をゴムで保護されている。
隙間も極力少なく設計されているため、B+COMの装着は大きな妥協が必要でしょう。

内装と帽体との間に大きな隙間を作ってしまうし、B+COM自体が空力を損なう。
スピーカーを装着することにより耳のスペースも無くなる。

XR-1100の最大の特徴である静寂性を犠牲には出来ないので暫く音楽は我慢しよう。

低速走行時、ピューピュー音が気になっていた。
シールドとゴムシール部からの空気漏れらしい。

Img_1903_r  Img_1904_r
シールド取り付け部の二個のビスで調整します。

上側のビスを緩めブラケット全体をもう一つのビスを支点に後方にほんの少しズラすことにより、シールドをゴムに密着させます。

ぴたりとピューピュー音が止まりました。

先日のロングツーの帰り、降雨時の高速走行になりましたがシールドの曇りも無く、雨の浸入も皆無。
四年物のシンクロテックで顔をビショビショ、シールド拭き拭きとは天と地程の差です。
雨も楽しめるほどの安全性でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月29日 (日)

近畿道の駅スタンプラリー

5月21日土曜日 何処といって行く当ても無いので久々に道の駅めぐりをしてみました。

Img_1974_r

まず、ラリー帖をひろげ、スタンプを押してない駅を物色して大雑把なルート設定をします。

まず向かったのは

スタンプ#1 道の駅 しんあさひ風車村

Img_1975_r

Img_1981_r
本日の1つ目

Img_1980_r
他にもこんなスタンプが有り、自転車の方達はコチラを押されてました。

Img_1984_r
花ショウブが見頃を迎えようとしてました。

Img_1985_r
湖周道路は車も少なく気持良いです。右側が琵琶湖です。

===========================

Img_2001_r  Img_2002_r
高島町辺り。
いつもは通り過ぎるだけですが、今日は出発時間が遅かったこともありちょうどお昼時になり、初めてのお店に挑戦です。
「ぼうがん」と読むようです。

Img_1992_r
店内はこんな感じで・・・写真やらポスターやらぺたぺた貼られてます。
他に客はいません。

「すみませ~ん」と何度か声を掛けると奥から年配の女性が出てきて

「食事できますか?」と聞くと
「ちょうどご飯も炊けたところなので大丈夫ですよ。」との回答

(ご飯だけで?・・・)と思いつつ
看板に珈琲、カレーと有ったんで自信があるのだろうとカレーセット¥1000を注文。

来ました、(本格的なのね。)

Img_1993_r  Img_1994_r

Img_1995_r  Img_1998_r

一口食べて、(ボ○カレー?)
カレー好きで、しかも青春時代の空腹を満たしてくれた この味は瞬間的に判断できます。
この分量、具の大きさやルーのトロミ加減。

しかし、ボ○カレー自体はとても美味なのでこの味を自家製で出したとすると逆に凄いですね。

「今日はバイクで気持ちよいでしょう。何処へ行くの?」
と更に年配のご主人が食後のコーヒーのサイフォンをかき混ぜながら声を掛けてくれます。

近くの道の駅を巡ることや新緑の季節などと会話がつづき・・・
「京阪神からの常連さんも多いよ。うちはカレーとコーヒーが自慢で。」
「最初はコーヒーだけやったけど・・・」

とカレーを始めた経緯を話し始めるご主人
ある日、お腹を空かせた常連さんが何でもよいから食べさせてと頼まれ、自分の昼食を出したところ好評で、それからメニューに加えたようだ。

? (それ程のものなら最初からメニューの候補にするバズだけど・・・)
「僕はあまり気が進まないけど・・・ボ○カレー・・・」

Σ( ̄ロ ̄lll)sign03

(やっぱりかいな。こりゃアカン)
ご馳走様でした。
星 半分でした。
半分は、サイフォンコーヒーの分。これは美味しかったです。

コーヒーだけにすればよかった。

場所は・・・興味があったら探してくださいね。

============================

気を取り直してツーを続けましょう。
田んぼでは田植えが始まってますが、畑にはレンゲの花が咲いているものも

Img_2003_r  Img_2004_r
Img_2005_r  Img_2008_r

今日のメインでもある「新緑のメタセコイヤ並木」です。
昨年初めて新緑の香りを嗅いで以来、この日を待ち続けてました。

Img_2010_r  Img_2016_r
Img_2012_r  Img_2014_r
偶然アメリカンのライダーさんの背中を捕らえる事が出来ましたが、カントリー風景にはぴったりですね。

メタセの新緑の香りをいっぱい吸い込みました。
ホント、癒されます。日頃のストレスが一気に吹っ飛びます。

マキノから朽木村を経由し県道110へ。
ここからは一車線の狭い山道、タイトでアップダウンの多い静かな道です。

Img_2020_r  Img_2022_r
Img_2023_r  Img_2028_r

清流と藤の花が気持ち良いです。

渓流釣りで駐車された車以外交通量はほとんど無く、たまにバイクとすれ違う程度。
挑戦的なコーナーにペースも上がり気味になりますが、落石が多く注意が必要です。

Img_2030_r  Img_2031_r
わらぶきの里で写真を撮って・・・

Img_2032_r  Img_2038_r
道の駅 美山ふれあい広場で一息入れます。

Img_2043_r  Img_2041_r
さすがにこの日はバイクがいっぱいです。
ワンちゃんもご主人さんのハレーにお供。

Img_2046_r  Img_2048_r
スタンプ#2 道の駅 和(なごみ)
由良川の辺にあるこの駅は、土産物も豊富でお気に入りです。

Img_2053_r  Img_2054_r
スタンプ#3 道の駅 瑞穂の里さらびき

Img_2056_r  Img_2055_r
スタンプ#4 道の駅 丹波マーケス
大きなスーパーマーケットの一角にポツンとスタンプ台が設置されてます。
京都丹後道路を 丹波ICから乗り、園部ICで降ります。

Img_2057_r_2  Img_2058_r
スタンプ#5 道の駅 京都新光悦村 でこの日最後のスタンプをゲット。

京都丹波道路で一気に帰路に着きます。

Map20110521
本日の軌跡

走行距離 303km

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »