« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月 2日 (木)

香住・魚介たらふくツーリング

8月最後の日曜日に兵庫県香住へツーリングに出掛けました。

今回は、wakiさんの企画で「激安サザエを食べようツー」です。

メンバー紹介です。

wakiさん号down

Img_0037
wakiさんは、バイク暦33年のベテランさんでバイクもいろいろお持ちで、今回はGSX1400での参加です。

かすみさん号down

Img_0036 Img_0038

女性ライダーさんです。ライダー暦は3年、私と同じですがバイクが凄いですね。
トライアンフ ストリートトリプル、実物を始めて拝見しました。
かすみさんは、鈴鹿HMS参加経験も私より多くとても3年生とは思えない走りでした。

先導はwakiさんにお任せ、つづいてmats号、かすみさん号の3台で7時過ぎ、高槻市役所前を出発です。

今回のコースです。往路の途中からですが、下道と自動車道を適度に利用しながら香住を目指します。

Map_20100829

≪エピソード1≫ 黒バイ?

Img_0005

高槻市内から山道を北上していると途中でスクーターと車の事故現場に遭遇、救急車と数台のパトカーが片側斜線をふさぎけいかんが交通整理してます。(この日はスクーターの団体を多く見かけました。皆半キャップヘルです。)

と、現場を通過し暫く軽快に走っていると、前方に一台のバイクが・・・sign02
リアの両サイドにパニアケース、そして無線アンテナ、ブルーのメッシュジャケット、白いジェットヘルには反射テープが・・・白バイではない、黒バイ?

我々三台が追い付くと黒バイ?が速度を上げ、wakiさんも続きます。
コーナー内側に上体を入れながらのライディングは間違いありません。
しかし、少し長めのブレーキングで三台を引っ張るかのように気持ちよくコーナーを抜けて行きます。

程なく亀岡市内へ。信号で停車すると、黒バイ?がwakiさんに声を掛けてます。
そして、かすみさんもご挨拶してます。
黒バイさんは、交通指導員の方でwakiさん、かすみさんが参加されている警察主催のライディング教室のインストラクターをされているとか・・・

山岳路でお互いが判り、指導員さんが引っ張ってくれたと言う訳でした。

因みにバイクもウエアもプライベート仕様だそうです。
後ろから見たら追い越す人はいないでしょうね。

指導員さんとは亀岡市内でお別れし、我々は京都縦貫道-R372へ、気温は相変わらず高めですが、夏休み最後だからでしょうか途中のコンビニ休憩でもバイクの多いこと。
今日も猛暑日は間違い無し、ライダーの皆さんは元気です。sunscissors

道路を北近畿豊岡自動車道に乗り換え、山東PAでトイレ休憩。
ここは、道の駅「但馬のきほろば」と併設されてます。
ここで、かすみさん情報から・・・

≪グルメその1≫朝来市のまぼろしの葱「岩津ねぎメンチカツ」★☆☆

,IMG-10

後で知りましたが、岩津ねぎは有名なんですね。
結構ジューシーで葱の風味も残されて美味しかったです。

レストランでメンチカツほお張りながら暫しの談笑。
お二人の各地のグルメ話に聞き入ってました。happy01
やはりライダーはグルメが多いですね。

片側1車線の自動車道、時々現れる追い越し車線で車の列をかわしながら・・・
着きました。
今回の目的地、香住浜sign03
さすがに海水浴客はもう居ません。

11時と時間が早いせいか店内は客もまばら・・・
このお店、お土産用に魚介を初め海の幸を直売してるんですが、その場でさばいて食べれるんです。コンロもちゃんと用意されてます。

まず我々がチョイスしたのは、もちろん・・・・

≪グルメその2≫

Img_0012
 特大サザエ なんと200円eye

Img_0011
 お兄さんに新鮮なイカを さばいて貰い・・・

Img_0014
サザエはつぼ焼きに・・・醤油じゃなく出し汁が入ってました。アァーよだれが・・

Img_0021
サザエの造りがコリコリで・・・

Img_0017
イカのお刺身ですが、バックのお皿も白で判りません。

Img_0018
何の魚か忘れました。焼きイカ・・・撮り忘れました。despair

とにかく安いし、新鮮だし、 文句なしの ★★★(わざわざ出掛けても食べたいランクでした。)

美味しいものを食べると話も弾みます。たっぷり小一時間の食事タイムでした。delicious
贅沢を言うと、丼飯か鯖寿司なんかがあると超満点ですが。

人気者(おそらく)のお姉さんがブログにと写真を撮ってくれてます。
冬はおそらく「カニ」で賑わうんでしょうね。ブログはこちら

お腹も満たされ、いざ猛暑の中へ・・・impactdash

帰路は奥神鍋経由です。
さすがに高原は涼しいです。少しだけ・・・
生で食べれる「とうもろこし」が有ると楽しみでしたが、今日は無いとのことで sad
しかし、かすみさんが 豆大福をご馳走してくれました。疲れた身体にはやはり甘いものが一番。かすみさんご馳走様でした。

≪グルメその3≫
山道を快走し、時間も3時になった頃
篠山の「森の時計」でティータイム・・・いや結構小腹を満たしました。

Img_0032
氷の旗がミスマッチです・・・
が、その氷をwakiさんが最後は震えながら食べてました。happy01

Img_0031

Img_0030
もうすぐ涼しい風が吹けば、最高のロケーションです。
デッキでゆっくりホットコーヒーを頂きたい。

で、私とかすみさんがチョイスしたのはピザにアイスコーヒー。★☆☆
wakiさん、カレーライスと結構大盛のイチゴフラッペ。snow

Img_0035

ここでも暫し談笑し、夕立が来ないうちに帰路を急ぎます。
ここからは、かすみさんが先導、ワインディングを慣れた走りです。
HMSが役に立ってますなぁー。

≪エピソード2そして3≫
Img_0039
亀岡から高槻へ抜ける少しタイトなワインディング、車も多いしバスも通ります。
最後のおしゃべり休憩を府民の森のようなところで取ります。
ここでもwakiさん号のトップケースからドリンクを頂き、喉を潤します。
(トップケースにドリンクを冷やして頂き、とても有り難かったです。m(_ _)m)
空になったペットボトルはマナー良くお持ち帰り。(wakiさんのトップケースへ)

実はこのボトルが救いのアイテムになろうとは・・・
もうお解かりでしょう。
亀岡まではすぐそこ下り坂が続きます。
篠山を出た辺りから燃料インジケーターが横に走り出し、距離的にはギリ行けると踏んだんですが、下り坂でアウトとなりました。
ETCのインジーターが赤くなっていたので「おかしいな。断線? 電圧低下?もしや」って感じで、アクセル無反応。

かすみさんにガス欠を伝え、無線でWAKIさんに連絡・・・
WAKIさんにはガソリン調達に来た道を逆戻りしていただき・・・
この辺りのスタンドは閉店が早く、閉まりかけところを無理させてしまいました。

ペット2本で無事CBは復活。
今度は私が先頭で下ります。

コーナー3つ程で後ろが着いて来ません。
と、今度はwakiさん号がガス欠です。wobbly

そこはベテランライダー、少しの平坦路まで惰性で走らせ、再スタート。
なんとかスタンドまでギリギリ到着です。
流石ですなぁー。

最後にとんだハプニングでしたが、3台でのとても楽しく美味しいツーリングでした。
自分がお腹いっぱいなのに、愛車にはひもじい思いをさせてしまいました。反省(*_ _)人ゴメンナサイ

本日の走行距離 416.2km
燃料 20.22L+1.1L+ペット2本
燃費  18.6km/L

wakiさん、かすみさん、楽しいツー有難うございました。
またお誘いください。楽しみにしてます。

追伸)wakiさん号のトップケースが頼もしく見えました。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

新着タイヤのファーストインプレ

緊急事態発生で、DUNLOP ロードスマートを強制終了することに。
ロードスマートでの走行距離は10,000kmを少し超えたところ、スリップサインも出てなかったし、溝も残っていた。
感じとして、後1000km位は走れた。

今回選択したのはブリヂストンの新型ツーリングタイヤ、BT023。

Ph_14

交換は、Racing World高槻店さんにお願いした。
価格が飛びぬけて安いこともあるが、若い店員の対応が気持よい。

前装着タイヤ・ フロントの傷についてはメーカーで検査してもらうことに。

タイヤとともにバルブも交換。(ゴム部にクラックが入ってました。)
空気圧チェック時に楽なように横出しバルブと提案しましたが、高速走行時遠心力でバルブに負荷が掛かり、エアー漏れの可能性があるとのアドバイス、オジリナルにしました。
細かな部分もオリジナルは良く考えられてると感心。

1時間半ほどで交換も完了し、いざ慣らしツーに。

R171を京都方面へ・・・慎重に走行。

もちろんまだグリップ感がないものの、路面変化からの伝わり具合がハッキリしている。
剛性感も有る。メリハリが有りしっかりしてる。

車線変更やコーナリングで・・・・?
ロードスマート(以下RS)とは明らかな違いが、RSはバイクを倒しこんだときの感じが、丸いボールの頂点をボールが転がるようにスーッと軽く倒れこむ感じ。
新品のときから軽い操舵感覚、コーナーではクイックに反応してくれました。

BT-023は、ジャイロ(地球ゴマ・・・この方が判り難いか)を倒した時のようにどの角度でも安定感があり、ステアに重さを感じる。
ツーリング思考を思うとこの方が長距離での疲労が少ないか。
と、走り出して20~30km位までの表面に油分がたっぷり残った状態での印象。

後に油分も無くなりグリップが出だした頃には、徐々に本性を現し始めることに・・・・
ショートインプレはこれくらいに、後日皮むきツーの後にインプレッションお伝えします。

今日のランチは、ここ琵琶湖畔にたたずむ「ラ・サンテ」
焼立てパンと石窯ピザがイートインできるカフェです。

Ph_20

Ph_19
2010年7月に新装したという、なんか地中海風・・・行ったことないけど

Ph_16
テーブル席からは琵琶湖が目の前。
テーブルのすぐ向こうは大きなガラスです。

Ph_18
店内は広々しています。
入り口でお好みのパンをチョイスして精算、席に着くシステム。

Ph_15
ピザが目的でしたが、15時からということで、
エビフライのドッグとダブルクリームなんとか(カスタードと生クリーム)
両方とも名前忘れました。というかはなから覚える気有りません。despair

お味は、焼立てだけあってどれも delicious
★★☆(近くに来たら是非立ち寄りたいランク)
でした。

本日のコース

Biwa_2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年9月12日 (日)

ブリヂストン バトラックス BT023レポート

Img_0052l
Img_0054
装着後の走行約100kmで、ほぼ直線走行時のグリップは出ていた。
今日は、サイド部の皮むきとコーナリングのフィーリング確認が目的。
そして、前タイヤロードスマートとの味付けの違いを味わいたい。
楽しみです。
コースは、もはやホームコースとも言える信楽から阿山、そして鈴鹿、青山高原をオプションに設定。

全体の的な印象は、常に安定している、それも感覚だけではなく実際にグリップもしっかりしている事だ。
特筆すべきは、直進安定性だ。
CB1300SBはノーマルの場合、マフラーの重量の為か、両手を離した場合右に寄る傾向がある。
ロードスマート(以下RS)の場合、直ぐに手を添えてやらないとセンターを割ってしまうが、BT023は直進を維持し続ける。
右に寄ったとしてもステップ入力で楽に修正可能だ。
全く必要ないが、どの速度域でも不安なく 両手離しが可能な程の安定感がある。
ステアリングにスタビライザーが装着されたかのよう。
しかし、反面連続ショートコーナーなどでの切り返しはRSに軍配が上がる。
RSはクイックに曲がる。
RSはスポーツ寄り、BT023はツーリング寄りと言ったところか。
回頭性は互角。

気になるグリップは?
RSは、コーナーを攻め込めばコーナー毎にグリップが増して行く感じ。
BT023は、ある程度暖まっていればいきなりガッツリグリップしてくれる。
今日の走行、始終安定したラインをキープしてくれた、スライドは勿論姿勢さえも崩したシーンは無かった。
そしてコーナリング時のバンク角、不思議なフィーリング。
ショートインプレでも述べたが、ジャイロを傾けたような感じ。
どの角度に倒し込んでも、安定している、フラフラしない。
倒し足しても同じ。グリップもある。不思議。
コーナーの先で思ったよりタイトな場合、ブレーキングかバンクを足すか、両方必要とするか・・・
BT023はコーナリング中でもしっか\xA4 螢屮譟璽⑤鵐阿⓲椎修如▲丱鵐噉僂鮨爾唎垢觧槪皺椎宗⊆\xAB由自在って感じ。
この辺は最新モデルの優位性か?
乗り心地は、ノイズが少なくしっとりした乗り心地、高級なソファーに座った感じ。
路面変化にも安定している、コブや割れ目の通過でもステアを取られる事もなかった

一度スタートダッシュを試みた。
リアが一瞬スキッドした後フロントがリフトしてくる。
ステアリングが暴れることも無く、フロントリフトを抑えつつ安定した姿勢でフル加速をこなす。
さり気なく速い大人のタイヤだ。


RSを100とした独断的評価は
直進安定性 120
コーナー安定性 110
回頭性    100
軽快感     90
グリップ    105
対疲労度   120

BT023には車重250kg以上を想定したGTスペックがあるが、ワインディングも楽しみたい方には標準スペックをお薦めする。
GTスペックは、カタログに記載されているようにパニアケースを装着したツアラーに適している。と言うより 、更にツーリング寄りの設定になっていると予想する。
私もボルドールが270kgなのでGTを考えたが店員に標準スペックを勧められた。
一度テスト走行をして体験されていたのだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月14日 (火)

白子漁港で旨いもん・・・

鈴鹿サーキットへ行ったときにチョット寄り道しました。

通称サーキット通りを下ると白子漁港、そこで見つけましたこじんまりとした海産物店。
場所はココ

Img_0070
伊勢湾がすぐ目の前です。

Img_0071
店の外では、おじさんがいろんな魚を焼いて試食させてくれます。
で、私のお目当てはこれです。

Img_0067
「にぼし」バケツいっぱい 1000円。sign03
愛想の良い若い美人店員さんが包んでくれました。lovely
おやじは美人に弱いです。

煮干は、家でお留守番のワンコたちへのお土産です。
(お裾分けして貰ったら、ふっくらしてて美味しかったです。焼いて食べればビールが進みます。)beer

昼食は、ココ
「とんかつ八千代 」

Img_0081

店内は、カウンター数席、テーブル8席、座敷4席。
メニューは、トンカツをメインに上、大があり、他にトン天ぷら、鳥天ぷらがある。

Img_0076

選んだのは、
Img_0077

大とんかつ定食 ¥1360
注文を受けてから冷蔵庫から3cmはある豚肉を叩いて、半分ほどの厚みに整え、揚げてくれる。

Img_0079
二枚分はたっぷりあるでしょうか。

Img_0080
二種類のソースで頂きます。
右の黒っぽいほうが辛口と思いきや、味噌味風の甘口。
赤っぽいほうが辛口でした。

お味のほうは、揚げ立ての衣はサクサク(完食した後口の中がヒリヒリする位)、肉は柔らかくとても美味しかったです。
★★☆(近くに来たら、是非立ち寄ってください。)

後からきたカップルがグルメ本を持って、鳥天を即注文していたのを見れば、これも有名か?

ランチ時間が短くて、11時30分~13時45分オーダーストップなので注意。

サーキットの周りにも探せば美味しいお店があるんですね。delicious


   

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »