« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月 3日 (土)

レインシューズ?

レインシューズ?

今日は出勤です。

そして、傘三つです。 rainrainrain

徒歩での通勤なので、雨が激しいときは困ります。

最近レインシューズなんてあまり穿きませんよね。

でも普通の靴では浸水するし。

で、今日は今では穿かなくなった ショート・ライダーズブーツで出勤。

レインシューズ?

フォルツァ時代に穿いてたもので、CBに乗り換えてからはお蔵入りしてた。

レインシューズ?

もちろん防水なので浸水は皆無です。

快適に土砂降りの中をウォーキングできます。少し足取りが重くなりますが・・・

しかし、15分も歩くと足が蒸れ始めます。

そりゃぁそうです、ライディング中こんなに足は動かさないもの。

梅雨のレインシューズにライダーズブーツはグーgood

でも長距離はpaper

早くブーツでツーリングしたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

晴れだけど、お手入れの日

晴れだけど、お手入れの日

昼前から日差しが差し始めてきた。sun
ミニツー位は出来そう。
が、雨男を自覚する私はお手入れ日に決めた。
来週末のツーリングを控えて、一時雨にでもあったら後始末が大変だから。
と言うわけでご近所のショップへお買い物。

レザーパンツのお手入れにミンクオイル
レイングラブ用に防水スプレー

しかし、今から雨対策とは雨男なるが故。(^_^;)

でも週末位晴れてね。お願いします。m(_ _)m

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

ブーツに刻まれた足跡

早々に、ロングブーツをミンクオイルでお手入れしました。

CB1300に乗り始めて2年半ずっと履き続けてきて、少しずつ技術も上がり、CBの扱いにも慣れ、こうして無事にいられるのもこいつのおかげです。

右側がウェットティッシュで拭いただけの状態。

左側がミンクオイルを薄く塗り込んだ状態です。

当然のことながら艶が甦ってます。
ブーツに刻まれた足跡

各部に2年半の上達過程を物語る傷跡が・・・

当初、ステップ位置が安定していなかったためシフト位置がバラバラで、親指の付け根辺りから広い範囲に磨り減ってます。

最近は、ほぼ同じ場所が擦り減ってます。

ブーツに刻まれた足跡

何度かワインディングで路面でこすったつま先部。

左足先をステップの外に出す癖が今でもあります。

ステップワークが課題です。
ブーツに刻まれた足跡

左側のアキレス腱の部分に小さな傷があります。

最初の頃、バランスを崩した時に左足を地面についてしまい、ステップで付いた傷です。

スニーカーなんか履いてたら、今頃まともに歩けてないでしょうね。

ブーツに刻まれた足跡

私の履歴書みたいなこのブーツ、まだまだお世話になります。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

晴れました。(^O^) 出石ツーリング

m(_ _)m10日の土曜日、前後の荒れた天気のなか奇跡的にピンスポットで好天に恵まれました。sun

どうやら私は雨男でなかったようです。scissors

今回は、いちぞーさん からのお声掛けがあり、チェヨンさん もご参加で3台による「出石皿蕎麦ツーリング」です。

チェヨンさん、和歌山からのご参加お疲れ様でした。

Img_0003

手前から、mats号、いちぞーさん号、チェヨンさん号です。

AM8時に高槻市内のマクドナルドに集合。

暫しお話の後、出発です。

いちぞーさん先導で、チェヨンさん、私の順に千鳥編隊で一路出石へ・・・

久々のツーリングでスタート直後はリズムがつかめません。

バイクは梅雨の間、磨きに磨いたためピカピカですが、ライディングが今イチしっくり来ません。

信号スタートでエンストなんかしちゃって・・・sad

ルートはどこをどう走ったか・・・分かりません。

メインルートは車が結構多いですが、脇道に入ると交通量も減り快適にワインディングを楽しめます。

いちぞー号は快調にヒラリヒラリとアップダウン混じりのショートコーナーの連続をクリアして行きます。

チェヨン号、mats号は必死に追尾します。

始めての土地はコーナーのリズムがつかめないので、つい低めのギアで加速重視のライン取りに、しかも先頭はフルパワー。

景色?

前走二台のテールしか見てませーーん。

途中、コーナー一面に苔が生えた道も。

各コーナーが連日の雨でお好み焼きの青海苔状態になってます。

前日誰かのブログで、苔で転倒の日記を読んでた私は一気にビビリモードON。

一瞬の躊躇でコーナー1個分遅れ。

どうしても苔の上でのフルブレーキングは理性が働いて遅れ遅れに・・・

ソロなら降りて素手で路面を確認したかった。

でもこんなワインディング、良くご存知です。

昼前に第一目的地に到着です。

Img_0007 Img_0014

Img_0008

時間がまだ早いせいか、テーブル席は我々だけ。

とりあえず、皿蕎麦を3人前注文。追加はお味をみてからということに。

来ました、

Img_0016

忘れないうちに写真を・・・なんか足りません。

そうです、お蕎麦まだでした。

こちらが皿蕎麦です。

一人前、5皿付きで¥850

Img_0018

一皿が1~2口程度なので量は普通。

Img_0020

白葱、青葱などと話しながら・・・

Img_0021

なんと鶏卵、いちぞーさんによると「ウズラ卵」の店もあるらしい。

山芋(とろろ)と 卵をおつゆに入れて食べるのが出石流です。

Img_0022

コレを混ぜて食べるんですが、蕎麦の風味が負けちゃってます。

山芋は卵と一緒に麦飯に掛けて 、蕎麦だけで食べたほうが美味しいと思うんですが、どうでしょうね。

結局追加はしませんでした。

食後はしばし散策。

Img_0027

Img_0028

麦飯やソフトなども食したかったのですが、第二目的地に期待して我慢です。

Img_0032

出石上跡のお堀には多数の風鈴がチリンチリン涼しげな音を立ててました。

いちぞーさん、準備中。

Img_0033

チャヨンさん、準備完了。

第二目的地は、はす畑に囲まれた場所にある「Cafe Genten」

私の見立てでは、築100年程 は経ってそうな農家をほぼ原型のまま利用したレストランです。

Img_0035

くぐり戸が懐かしいです。

Img_0037

店内の土間から座敷へ。

座敷にはテーブル席が用意されてます。

が、すでにドリンク以外はオーダーストップに。

良い雰囲気のお店なので、是非ランチでお邪魔したいです。

農家の母屋なので薄暗いですが、凝った照明が雰囲気をかもし出し、はす畑を渡る風が気持ちよかった。

Img_0038

正面のログハウスは、オーナー家族の住居とか

左端に見える茅葺屋根がレストランです。

帰りのワイディングを走る頃には三人のリズムもぴったり、大きな渋滞にも掛からず軽快に 距離を稼ぎます。

そして茨木市内でお互いのライディング話に花が咲き、再会を約束して解散です。

今回後ろを走らせていただき、まだまだ未熟な自分のライテクを実感した一日でした。

また行きましょうね。

テクニック磨いときます。

Img_0043

Img_0044

平均速度が56km/h sign03

いちぞーさん、高速必要ない理由が解りました。m(__)m

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

HMS鈴鹿・サンライズスラローム

梅雨、明けたようですね。17日土曜日また晴れちゃいました。sun

今日はほぼ一年半ぶりのHMS参加です。今回はサンライズスラローム。

朝8時~11時と時間は短いものの、ローススラロームに特化したコースです。か

自宅から鈴鹿まで京滋バイパス-新名神-名阪道を利用して100kmの道のり、余裕を見て4時半起床、5時半出発です。

さすがに3連休の初日、高速は車が多く、明け方からの霧発生で混雑してます。

鈴鹿ICを降りる頃、シールドにポツポツと当たる物が「まさか!?」しっかりと通り雨に降られました。

鈴鹿辺りは雲の流れ方が違うようで、油断できませんね。

7時過ぎ鈴鹿サーキット教育センターに到着です。

Img_0016

センターの場所は、ホームストレートエンドに位置します。

来週から始まる8耐の練習でしょうか、高回転の良い音がメーンスタンド越しに聞こえていました。

Img_0011

コレが今日走る練習コースです。

手前の白線部分が前半のコース部、向こう側の林立したパイロン群が後半部のパイロン部です。

パイロンの配置は毎回異なります。

この日のパイロンは、久しぶりのせいかタイトな配置でした。

Img_0013

8時からオリエンテーションの開始ですが、一緒に参加予定の いちぞーさん がまだ来てません。

インストラクターが入室されると同時に、いちぞーさんがセンターへ駆け込んで来るのが見えました。

間に合って良かった。やはり高速の渋滞にはまったらしいです。

料金がリーズナブルなこととコーススラロームに専念できるため、参加者は定員の20名。

初参加者は無く、常連さんが多いようです。

インストから水分補給と休憩を多めに取るよう注意があり、準備体操の後、マット運動?です。

転倒時の身のこなし方の練習で、柔道の受身のようにするのではなく、ゴロゴロと両手を万歳し横に転がる練習です。レースのように滑るのではなく一般道ではゴロゴロが怪我が少ないとのことでした。

バイクの選択

中級で始めてCB1300をチョイス。ABS付です。

Img_0018

前置きが長くなりましたが、十分なウォームアップでタイヤを温めたり、バイクの調子を見たり、体調リズムを整えた後、コースイン。

最初は、インストラクター先導で一列で何周か回りコースを頭に叩き込みます。ここまでは全員余裕です。

徐々にペースが上がって行くに連れ、互いに前後を譲り合って気持ち良くペースアップをトライできる位置を見付けます。

体もほぐれた頃、一台ずつのトライ開始。コーナー一つ分間隔を開けてスタートします。

もちろん全開。持てるテクニックを最大限発揮し全開です。

今一つペースが上がらない。ラインが安定しません。バンクが一発で決められないパイロンもいくつか。

私の場合、ギアは2速キープ。ブレーキレバーは中指一本掛けにしています。ステップは土踏まずから少しつま先側に置き、ブレーキペダルにはつま先を置いてます。

バイクはステップ、くるぶし部、そしてニーグリッブで安定させハンドルには出来る限り体重は掛けません。

何本か走り込んでいると、いちぞーさんが近付いて来て私の後ろを走りたい様子。

それは突然起きました。ハプニングです。

コースの入口と出口には少し大きめのパイロンが2個1m程の間隔で並べられていますが、私が出口で右側のパイロンを不用意にリアのガードに接触させ倒してしまいました。

そのままでも支障なく後でインストラクターが起こしてくれるのですが、振り返るといちぞーさんがパイロンを起こしてくれてました。

HONDAのCMで子どもが前走者のパイロンを起こしてるシーンを思い出しました。

「有難う。いちぞーさん」と合図しようと再度振り返ると、なんとsign03

いちぞーさん、立ちゴケしてます。

右足でパイロンを起こそうとしてバランスを崩し、そのままコケたようです。

「いちぞーさん、ごめんなさい。ごめんなさい。」m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

と、心の中で何度もお詫びしました。ホントです。

そのことがいちぞーさんのリズムを狂わしてしまったようです。

休憩後、インストラクターに後ろを走ってもらいアドバイスを得ます。

ポイントはふたつ、

(修正前)

ジムカーナのような場合リーンウィズで走りますが、私は常にヘルメットの位置をバイクのセンターに置き、上半身をコーナーの出口に振っていました。

(アドバイスその1)

鼻をイン側のグリップエンドの上まで持って行く。したがって左右のコーナー毎にハンドル幅分上半身を振ることになります。その時、左右の眼は水平を保ちます。

(修正前)

コーナーの奥で一気にブレーキングしターン。

(アドバイスその2)

コーナーの手前からブレーキングラインを長めに取り、軽めのブレーキでパイロンをデッドに攻めないでコーナリング速度を高く保つ。

試してみると今までギクシャクしてたのが流れるようにスムースに・・・

重心位置がコーナーイン側のハンドルエンド近くに有るのが実感でき、安心してアクセルを開けられます。

次にインストラクターに前を走ってもらい、ライン取りのレクチャーです。

トレースするとスムースです。

安定したコーナリングが出来るようになるとサスの動きも判るようになります。

コーナーリングでリアブレーキを残しますが(フロントもリリースし気味で)、アクセルの開度に会わせて尾底骨から背骨を通して体重がリアサスとバランスしてるのが体感できます。

尾底骨に体重を感じながらアクセルを開けると気持ちよく速度がのって行きます。

しかし次の課題として、コーナリング中のセルフステアをまだ阻害気味で、イン側にハンドルを切り足してバイクを起こしてます。CB400の時は出来てたのですが、CB1300では恐怖心からか頭と身体が一致してません。

次回課題は

CB1300でセルフステアを完璧にする。(次回マスター出来るでしょう。)

1速ギアの制御にトライする。(コレは先が長そうです。)

たっぷりと汗を掻いた後、ロビーでいちぞーさんと、この日別のコースに参加されていた私が師匠としている(勝手にですが)HMSの主的存在のヒロさんも合流してライディング談義。

技術的にも体力的にも非常に充実した1日でした。

いちぞーさん、リズムを狂わせてしまいホントごめんなさい。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

亀山の亀八

先日の鈴鹿の帰り、いちぞーさんと昼食にとサーキット近くの「天草」へジャンジャン焼きを食べに行くことに・・・

しかし、お店は閉まってます。土曜日の昼なので休みでもなさそうです。

ということで、これまた近くの「一升瓶・鈴鹿店」へ・・・

ここは開いてました。が、一人前¥2700のたて看板にたじろぐ二人のおじさんでした。

それではと定番のあそこに行くことにしました。

「亀八食堂」です。

国道から少し入るのかと思って走ってると、いちぞーさんからホーンを一発頂き、到着です。イメージよりも立派な店構えです。駐車場もたっぷり。

Img_0026

そうそうに、ロース、カルビ、牛バラ、うどん玉×2個、ごはん(中)を注文。

Img_0020

ドーンと来ました。

どう焼くか解らないまま、二人でとにかく混ぜ混ぜ。

Img_0021

野菜の下には肉が辛味噌でからまれてます。

美味しそうなニオイが立ち込めたところで、うどんを投入。

Img_0024

一汗かいた後でもどんどん箸が進みます。

夏のスタミナ回復にはもってこいでしょう。

Img_0025

お腹いっぱいになって、一人前¥1400は文句なしでしょう。

店の外に出ると、大阪からのライダーさんとバイク談義。

フロントサスのセッティング用にナイスなパーツを装着されていたので、撮らせていただきました。

Img_0030

Img_0031

セッティングの違いは判りますが、まだ良いセッティング の見つけ方を知らない私です。

こいつをゲットして次なる課題をクリアです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金)

小浜-敦賀ツーリング

19日は祝日ソロツーリングに出掛けました。、「海の日」だからでしょうか向かった先は日本海。

京都市内を北上し上賀茂神社を通過したあたりから山道へ・・・

Img_0039

大原経由で367号、朽木を経て303号 で日本海のコースです。

Img_0041

若狭熊川宿にて

国道27号から少し入ったところに名水「瓜割の滝」に到着。

Img_0047

Img_0053

Img_0062

駐車場(無料)脇の茶店に売ってました。

Img_0068

Img_0067

200円也。店内ではパックではなく 一皿200円で食べれます。

海水浴客でにぎわう日本海沿いを快走し、たどり着きました。

「日本海さかな街」

Img_0077

店外で10分、店内で10分待ってやっと来ました。

Img_0081

Img_0082

「びっくり海鮮丼 」¥1000

米にもコダワリがあるらしくホカホカでした。

味も良かったですが、量はチョット少ないかな。

帰り道、20000km達成しました。

こういう記念ショットは初めてです。

Img_0086

本日の走行距離。

暑い熱いソロツーリングでした。

Img_0091

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

護衛艦見学・舞鶴ツー

鈴鹿HMS常連さんのヒロさんからのお誘いで舞鶴ツーリングへ出掛けました。

今回の目的は、舞鶴港の海上自衛隊・護衛艦見学です。

もちろん初体験、なんかわくわくします。

護衛艦見学 

Img_0043

護衛艦をバックに左ヒロさん号(XJR-1300)、mats号

Img_0041

Img_0042

Img_0008

無数のレーダーやアンテナを装備。

Img_0014

Img_0019

飾り気のない全てが合理的機能的に設備されてます。

Img_0025

Img_0024

Img_0035

乗組員の方も質問すれば気さくに答えて頂き結構面白いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

舞鶴・海鮮丼

舞鶴ツーリングで立ち寄ったお店です。

新鮮処・魚里
京都府舞鶴市字福来927-3

2階がお店です。

Img_0052

お勧めを聞いてから、「海鮮丼」¥1250を注文。

見かけも豪華です。量もたっぷり。

Img_0045

左下の溜まり醤油にワサビをといて、かけて頂きます。

Img_0048

お味は、★★☆(2つ) 「近くに来たら是非立ち寄りたいお店」 でした。scissors

追伸

美人の店員さんが出してくれた冷たいお茶がとても美味しかったです。

宇治の名店でもなかなか飲めないかも・・・

大汗かいた後ですからなんとも・・・

ライダーと知って、ジョッキでたっぷりお代わりを出して頂き感激でした。

| | コメント (12) | トラックバック (1)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »